スポンサードリンクか広告か?

記事の間に挟み込んだりコンテンツの一部のようにアドセンス

を表示させると誤解を受け紛らわしいと言う事でグーグルより

警告を受ける場合があります。

実際のところはクリック率を高めるために私たちはこれを狙って

いるのですが厳密に規約違反です。

警告を受けたにもかかわらず、このまま放置するとアカウントが

停止されてしまいますので修正が必要です。

対策としてはアドセンスの上に「スポンサードリンク」か

もしくは「広告」とラベルを表示すれば問題は解決するのですが

しかし、「広告」はいかにもアドセンスが広告に見えてしまい

極端にクリック率が低下してしまいます。

この場合は「スポンサードリンク」の方が良いと思います。

尚、使用できるラベルは「スポンサードリンク」か「広告」以外の

表示は認められていません。

たとえば「PR」とか「お気に入りリンク」「お勧め情報」

など一切ダメですのでご注意下さい。

それと、警告を受けてサイトを修正したら必ずグーグルに連絡

するのも忘れずに。


※アドセンス以外で稼ぐ方法【詳しくはこちら】




<< グーグルアドセンスで稼ぐマニュアルの目次ページへ



Google AdSenseの秘密グーグルアドセンスで稼ぐマニュアルのTOPへ
posted by アドセンス at 10:14 | アドセンスの禁止事項
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。